お知らせ 2024年9月1日よりconnpassサービスサイトへのスクレイピングを禁止とし、利用規約に禁止事項として明記します。
9月1日以降のconnpassの情報取得につきましては イベントサーチAPI の利用をご検討ください。

お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、イベントサーチAPIの提供方法の見直しを決定しました。2024年5月23日(木)より 「企業・法人」「コミュニティ及び個人」向けの2プランを提供開始いたします。ご利用にあたっては利用申請及び審査がございます。詳細はヘルプページをご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Dec

15

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること

Organizing : 株式会社永和システムマネジメント / 株式会社エル・ティー・エス

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること
Hashtag :#AgileStudioWebinar
Registration info

オンライン

Free

FCFS
57/150

Attendees
miyay
youjii
mori_ryuji
utdyk
KOUYA_SUGIYAMA
POKI24
Y_Kawata
nonac
fn
KaoriNishino
View Attendee List
Start Date
2023/12/15(Fri) 17:00 ~ 18:00
Registration Period

2023/12/01(Fri) 11:30 〜
2023/12/15(Fri) 17:00まで

Location

Zoom

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

概要

プロダクトの成功のために邁進するプロダクトオーナーという職種は、日本でも一般的に使われるようになってきました。
しかし、プロダクトオーナーにはそもそも権限が与えられてない・求められる役割が多様過ぎると様々な問題を抱えており、プロダクト成功の阻害になっている実情があります。

今回のセミナーでは、プロダクトオーナーを支援する立場でプロダクト開発に関わるエル・ティー・エスと永和システムマネジメントが、これまでの支援経験を対話形式で共有します。
対話を通して、「プロダクトオーナーに求められていること」や「どのようにプロダクトオーナーを支援すれば良いプロダクトチームを作ることができるのか」を共に学ぶことができる場にしたいと思います。

タイムスケジュール
17:00 - 17:05 オープニング・登壇者紹介
17:05 - 17:20 講演
17:20 - 17:55 対談・質疑応答
・テーマ①:「プロダクトオーナーに求められていること」
・テーマ②:「より良いプロダクトチームを作るために、プロダクトオーナーをどの様に支援するか」
17:55 - 18:00 クロージング

内容(学んでいただけること)

  • プロダクトオーナーに求められるスキルや役割
  • プロダクトオーナーを支援する観点で重要なこと、プロダクトオーナーが活躍するために必要なこと

対象となる方

  • ”プロダクト”作り、開発に悩んでいる方
  • プロダクトオーナー/プロダクトマネージャーを支援する仕事をされている方  (コンサルタント、エンジニア、デザイナーなど)
  • プロダクトオーナー/プロダクトマネージャーをされている方/今後されたい方。自社内でプロダクトオーナー/プロダクトマネージャーの活用を検討・推進されている方

講演者

坂口 沙織

LTS_坂口さん.jpeg

株式会社エル・ティー・エス
コンサルティング第二本部 マネージャー

基幹システム導入PJを中心に、業務分析・システム化要件の抽出・受入テストシナリオの作成などIT導入プロジェクトにおけるユーザ側タスクの支援に一貫して携わるビジネスアナリスト。構想策定から導入フェーズ・導入後の運用安定化支援まで、システム導入のライフサイクル全てに関わっている。​WF、Agileどちらのプロジェクトも経験。Scrum Alliance認定スクラムマスター(CSM)、ScrumInc.認定スクラムマスター(RSM)

梅澤 健太

LTS_梅澤さん.jpg

株式会社エル・ティー・エス
コンサルティング第二本部 シニアコンサルタント

業務改善・システム導入改善プロジェクトにおける、プロジェクト推進に一貫して関わる。予算管理/執行や各種ワークフロー、社内イントラの導入改修、BPOへの業務移管、ITインフラの刷新支援等様々なPJを経験。
顧客の新規事業(BtoC向けのサブスクリプション事業)において、事業拡大を目的としてデジタル化を支援し、情報システム部門・プロダクトオーナーの間に立ったプロジェクト推進を実施。

岡島 一樹

岡島一樹.png

株式会社永和システムマネジメント
Agile Studio アジャイルプラクティショナー

入社以来、金融系システムの開発に長く従事してきました。2017年頃からモダンな開発スタイルに触れるようになり、2019年にLSMの資格を取得して以降、プロジェクトの進め方やカイゼンについて深く考えるようになりました。アジャイル・ウォーターフォールに関わらず、プロジェクトがより良くなるために何をすべきなのかを常に考えて行動し、得られた知見を発信していきます。

岡島 幸男

okajima.jpg

株式会社永和システムマネジメント
Agile Studio ディレクター/CTO

ベテラン受託開発者であり現場リーダー。十数年前アジャイル開発に出会う。
現在は、開発を請けるだけでなく、お客さまと共創できるベンダーとなるべく、Agile Studio の価値・組織能力向上に取り組む。

著書:
『ソフトウェア開発を成功させるチームビルディング』(ソフトバンククリエイティブ)
『受託開発の極意ー変化はあなたから始まる。現場から学ぶ実践手法』(技術評論社)他。


参加にあたって

Zoomビデオ会議を使用しますので、Zoomが利用できるようにご準備ください。

行動規範

私達のイベントでは、性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、宗教にかかわりなく、全員がハラスメント行為なくイベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるハラスメント行為を一切許容しません。性的な言葉や映像表現を使うことはイベントの場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、イベント内での行動を制限されたり、イベントからの追放処分を受けることがあります。

参照元 https://confcodeofconduct.com/index-ja.html

個人情報の取り扱い

株式会社永和システムマネジメントのプライバシーポリシー
https://www.agile-studio.jp/privacy-policy
株式会社エル・ティー・エスのプライバシーポリシー
https://lt-s.jp/privacy

Agile Studio について

ホームページ

お問合せ先

Agile Studio 窓口担当 川西まで

e-mail:agile-studio@esm.co.jp

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

Agile Studio by 永和システムマネジメント

Agile Studio by 永和システムマネジメント published ”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること.

12/01/2023 11:44

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること を公開しました!

Ended

2023/12/15(Fri)

17:00
18:00

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2023/12/01(Fri) 11:30 〜
2023/12/15(Fri) 17:00

Location

Zoom

オンライン

Zoom

Attendees(57)

miyay

miyay

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

youjii

youjii

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

mori_ryuji

mori_ryuji

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

utdyk

utdyk

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

KOUYA_SUGIYAMA

KOUYA_SUGIYAMA

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

POKI24

POKI24

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

Y_Kawata

Y_Kawata

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

nonac

nonac

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

fn

fn

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

KaoriNishino

KaoriNishino

”プロダクトオーナー忙しい問題”にどう向き合うか?~分断を乗り越え、プロダクトオーナーを支援すること に参加を申し込みました!

Attendees (57)